« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月27日 (水)

日中のパフォーマンスアップは暖かな眠りから

ついこの間までの暑さが嘘のように寒くなってきました。

身体の冷えは、万病の元。

病気につながらないまでも、予想以上に身心のパフォーマンスを引き下げます。

このところ、テンションがあがらない、効率が悪い、という方。
それは意思の問題ではなく、単純に身体の冷えのせいかもしれません。


たとえば、エアコンがいい例。
部屋の温度を5℃引き上げるだけでも、相当の時間と電力がかかります。

ましてや、ここのところの寒さ。
体温と外気温の差は軽く20度前後にはなります。

人体が担う保温ための仕事量はおして知るべし。
体温維持に無駄があっては、ビジネスに振り向けるエネルギーも損なわれてしまいます。

保温を身体だけに任せないで、日常でできる手伝いはしてあげなければなりません。


特にこれからは、日中の保温と同時に、睡眠時の保温にも気をつけてください。


これは決して身体を甘やかすことではなく、よりパフォーマンスをあげるために必要なケアです。


というわけで、睡眠時の保温のポイントです。

保温には敷き寝具が重要!!
掛け布団を増やすより、下をしっかり暖かくするのが熟睡の基本です。

00463693-4CF6-4A7D-80C9-DC65F76F45C1

上図の真ん中の図が、暖かな眠りの理想モデル。

毛布を下に敷いて、羽毛布団を掛ける。
それでも寒かったら、その上に薄物をかけて暖かさをキープ。

タオルケットやベッドカバーの様な軽いものを選ぶのがコツ(*)です!!

(*)羽毛布団の上に重い物を掛けるのはNG。
せっかくの羽毛の温度調節機能を阻害してしまいます。


ちょっと使用法を工夫するだけで、保温効果がアップ。

睡眠が快適な休息時間に変わり、日中のパフォーマンスもさらに向上します。

4E12A14B-B3E8-4422-B320-10021EF449ED

記事に関する詳細は、
『1週間熟睡法』
を。

また寝具に関してのさらに深い情報は、睡眠改善プロジェクトのパートナーであるAl-jabr荒井代表のBlogをご覧ください!! → http://stonecold2572.blog123.fc2.com/




☆ビジネスマンのパフォーマンスアップは、身心の健康から。
経営者の健康を通じて企業の業績をアップ。

健康コンサルティングに関するお知らせは、こちら から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水のイメージで緊張を解く

そろそろ眠気や疲れがたまるころ。

気分転換にこんな運動はいかが??

お腹にたまった血液を流して、眠気スッキリ!!


6D6E6B8F-2655-4C19-9554-2BAF419ADBDC

人体の70%は液体。

それをイメージすることで、余計な緊張が抜けていきます。

無理に動かさなくても、運動効果はさらに高まります。

心身ともにリフレッシュして、新たな気分で仕事をスタート!!

充実した日中が、充実した眠りに繋がります。

4E12A14B-B3E8-4422-B320-10021EF449ED

『1週間熟睡法』( http://ow.ly/2zDHa )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

宮崎名物

宮崎名物と言えば...

やはりこれ

144DCAED-C9F6-4693-A69F-A02288C28DD1

宿泊先のシーガイアに向かう前にまずは腹ごしらえ。

なにせイベントが目白押しのツアーです。
エネルギー補給をしておかなくては、身が持ちません。

328504C7-4882-4AF0-B8CD-9E8B1D9C1453

海が一望出来る席で、宮前名物を満喫しました。

地元のロータリークラブの理事をされている方が、自ら運転する車で連れて行ってくれた食堂。

味も雰囲気も絶品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎空港到着

10/23(土)宮崎空港に10時半着。

こちらの気温は29度です。
A611DBEE-DAE5-4845-83E7-EB7D7EB9CD6D

今回は、野菜ソムリエのCanacoさん主催のツアーに便乗。

来年開催の経営者パフォーマンスアップ合宿開催に向けて情報収集を行ってきます。

宮崎の自然、歴史、食を実際に体感して
「経営者パフォーマンスアップ合宿」
のカリキュラムを明確化。

同時に自分自身のパフォーマンスアップも図ってきます。

空港には、すでにお迎えが。

宮崎ツアーの始まりです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

お風呂で脳のモードを切り替える

活動モードの脳を休息モードに切り替えるのが熟睡のコツ。

照明暗めでゆったり湯船につかれば冷えも防げて一石二鳥。

91876002-5926-4F94-89FA-B615E335F26E

ホカホカ&リラックスでおやすみなさ~い!!

4E12A14B-B3E8-4422-B320-10021EF449ED

『1週間熟睡法』( http://ow.ly/2zDHa )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

日中のストレッチで暖かく眠る

寒くなって来ました。
深く呼吸をしながらのストレッチはコアマッスルを鍛えて、代謝を高めます。

D7E17E30-B7F4-4B1F-88E0-BC09429D86E7

日中にやっておくことが暖かく眠る秘訣!!

図は首と腰のストレッチ。
ゆっくり呼吸をしながら、力をいれずに筋肉を伸ばしていきます。

4E12A14B-B3E8-4422-B320-10021EF449ED

詳しくは
『1週間熟睡法』( http://ow.ly/2zDHa )
をご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

マイブームは般若心経

最近の私のマイブームは

「般若心経」

です。

先日、あるお寺の勉強会に出席してから、はまってしまって。

今では、読むだけでは飽き足らず、CD付きの本を入手。
http://11rakuraku.cocolog-nifty.com/pij/2010/09/post-fd83.html

読経をはじめてしまいました。
それも、ほとんど毎朝。 (^_^;)

心、あるいは魂の健康法の一つと捉えていたのですが…。
思いがけなく健康面にも効果が出始めました。

読経って普通に身体にもいいようです。

単に

・心が健康になって
・それに伴い身体も

という間接的なことではなく直接的な意味で。

読経は、健康に関して言えば、呼吸法の練習です。
それも、歴史に裏付けられた効率的な鍛錬法になっているよう。

やってみればわかりますが、お経を唱えるのって相当の体力がいります。

だいたい、5分以上声を出し続けるなんて普段はしません。
それだけで、いつもは使わない声に関連する筋肉を使います。

それに…、
息継ぎをするタイミングないので、どうしても呼吸を深くせざるを得ません。
それでも、途中で息切れしてしまいます。

勉強会に伺った住職さんに“息継ぎ”のコツを伺ったら。
「息継ぎ”はしません」
とあっさり。

勤行に励んでいるお坊さんが長生きするのもわかります。

「早からず、遅からず、一定のペースで途切れないように唱える。
それが読経のコツ」
なんですって。

なんだか聞いたことのあるセリフ。

太極拳の生徒さんに
「ゆっくりと一定のペースで、動きも呼吸も途切れないように」
自分でも同じことを言ってます。

動いてやるか座ってやるか。
身体の鍛錬としてやるか、悟りのための魂の鍛錬としてやるか。

道筋や目的の違いはあれ、修行としての本質は一緒なんですね。

というわけで、太極拳との相似性まで発見して、ますますマイブームに。

私の「般若心経」熱、まだまだ収まりそうもありません。

よかったら、だまされたと思って一回試してみませんか?

「呼吸の秋」にはピッタリはまること間違いナシ!!
ですよ。 (^^)v



☆ビジネスマンのパフォーマンスアップは、身心の健康から。
経営者の健康を通じて企業の業績をアップ。

健康コンサルティングに関するお知らせは、こちら から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

【お知らせ】11/3 活法勉強会

こんにちは。
PIJスタッフ、だいごよりお知らせです。

11/3(水)に恒例の活法勉強会を行います。

Kappou_0613_2

テーマは「胴体(Body)」
今回はその2回目です。

活法の見方を得ることで、身体、そして自分への理解もより深まります。
自分をよりよく知ることで、健康で幸せな人生を手に入れましょう。


【11月 活法勉強会 】
■日時:(完全予約制)
2010年11月3日(水) 14:00~17:00
■会場 :ミカサスカサ(最寄駅:東急東横線日吉駅)
■定員 :6名
■参加費:5,000円

●お申込、お問い合せは・・・Phone:045-562-9630またはinfo@pijinc.jp

前回の様子はこちら→ http://11rakuraku.cocolog-nifty.com/pij/2010/04/post-72b0.html


活法とは文字通り、人を「活かす」方法。

坂本が30年近く続けている太極拳は、極言すれば、その内容は殺法。

「敵にいかに効率よくダメージを与えるか」
の長年にわたる研究の集大成。

「そのために、どうやって自分の身体をもっとうまく動かすか」
を追求することで、結果として自分の健康を高めていきます。

活法はそのちょうど逆。
人を健康にするにはどうすれば(触れる、動かす…)いいか、という視点から体を見ていきます。

・体の構造
・理想的な在り方
・機能の高め方
を学んで、より健康になるための手技を練習します。

お申し込み、お問い合わせは、info@pijinc.jp にメールお願いします。


☆執筆・出版・講演に関するお申し込みは、こちら から。

★太極拳に興味のある方は → http://www.11rakuraku.com/sibu/

PIJオフィシャルページ
http://www.pijinc.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

「首のしわ」とマクラの関係

女性向けの月刊誌「からだにいいこと」から、取材依頼をいただきました。

取材内容は、首のしわを取るため(もしくは予防)するための寝方について。


「1週間熟睡法」を見てのご連絡。

美容系の題材を、あえてビジネス書である拙著に白羽の矢を立てていただきました。
ありがたいです。


Sdsc049812

さっそく、最新号を見せていただきながら打合せです。


「マクラを変えることで、首のしわを消せないか」
というご質問に

「首のしわ」は加齢、生活習慣、身心の状態など様々な原因があること。
それに関して、姿勢を正し、代謝を良くすることがその解決策の一つになることを説明。

そのうえで、寝姿勢を自分にあったものに整えることの必要性をお話ししました。



Sdsc050021


今回の場合はマクラがテーマ。

「1週間熟睡法 」で提唱している「マクラのいらない寝方」について知っていただくのは体験していただくのが一番。

ということで、記者さんには実際に寝ていただき「マクラのいらない寝方」を味わっていただきました。

話だけでは伝わらないこと、感じていただけたようです。


記事は来月11/16発売の「からだにいいこと」12月号に掲載されます。
発売の際には、お読みくださいね!!


☆ビジネスマンのパフォーマンスアップは、身心の健康から。
経営者の健康を通じて企業の業績をアップ。

健康コンサルティングに関するお知らせは、こちら から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

呼吸の秋!!

いよいよ10月、秋本番です。
食欲の秋、運動の秋、そして芸術の秋。

私はやっぱり、太極拳の秋、かなぁ。

気温もちょうどいいし、空気も澄んでるし。
練習にはピッタリの季節。

朝の練習は一日をリフレッシュ。
夜の練習は、昼間の忙しさで上がってしまった“気”を下げて、身心ともに落ち着かせてくれます。

みなさんの秋は、どんな季節ですか?

◇           ◇

さて、秋と言えばもう一つ。

「呼吸の秋」

なのです。

と言っても、こんな言い方あまり聞いたことないですよね。

でも、本当なんです。

五行でいうと秋は金気=風の季節。
対応する内臓は肺となっています。

秋は、さわやかな風が、澄んだ“気”を運んで来てくれる季節。

それを取り込むことで、肺=呼吸器も活力を増し、さらにいい気を取り入れる。

そうなれば、文字通り「呼吸の秋」!!

善循環の始まりです。

身心ともにパワーアップするだけでなく。
優しい気持ちと素敵なアイディア、そしてスマートな行動力が湧きあがってきます!!

ということで、今月は「呼吸」に意識を向けてみてください。

呼吸のコツは

1.ゆっくりと呼吸する
2.息を止めない
3.なるべく鼻呼吸を心がける

この3つです。

3つのコツに注意しながら呼吸に意識を向けてください。

会社へ向かう路上、あるいは昼休み。
ちょっと思い出したときに、試して下さい。
秋の気が、身心ともにリフレッシュしてくれることを感じるはず。

お休みには季節の味覚を楽しんだあとに、軽く散歩なんて言うのもいいですね。

心地よい空気を身体じゅうに巡らしながら、色づく自然を楽しむ。
自分と周囲が一体化して、静かだけど巨大なエネルギーが流れ込んできます。

お腹にも、身体にも、そして心にも、秋の恵みを満喫させてあげてください。


☆パフォーマンスアップは、身心の健康から。
経営者の健康を通じて企業の業績をアップ。

健康コンサルティングに関するお知らせは、こちら から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »