« 津波の対処法 | トップページ | 【避難所でのエコノミー症候群を回避】④ »

2011年3月15日 (火)

被災地での髪のおていれ

お友達のY.K.さんから、メールいただきました。

美容師、そして女性の立場からのアドバイスです。

   ☆            ☆

Twitter拝見していました、少しでも安心して眠るということは今不安を抱えている被災者の方にとってとても大切なことですよね、素晴らしいと思います。


美容師の立場からみると、これから避難所生活が長期化してくると、髪の毛や体を洗えないことが、ストレスの種になるのではないかと心配しています。

お湯もドライヤーも使えない状況でも、ブラッシングして、その後コットンやガーゼを少し水に濡らしてそこにアルコールをつけたもので地肌をまんべんなく拭き取り、その後もう一度ブラッシングすると、消毒効果とマッサージ効果の両方が得られます。

またお風呂に浸かれなくても足湯や膝の裏をマッサージすると足の疲れが少し解消されるのではないかと思います。


少し話しはそれ、ご存知の方も多いかもしれませんが、どこで物資や食糧を作っているのか分かりませんが、例えばお米のとぎ汁はそれが顔を洗う洗顔水として使え、お顔がツルツルになります。

体を動かすという意味では太極拳はとても精神的にもリラックスするから素晴らしいと思うのですが、なかなかいきなりは難しいと思うので、ラジオ体操を時間を決めて行うとか、どうでしょうか。

被災者の皆さんそれぞれのご家族などの安否を確認され、物資も届き始めても、今後の住居や生活が回復されるまでの間かなりの時間を要すると思うので、そこからどう一日を過ごしていく重要になってくるのではと感じています。

以上のこといくつかですが、ご提案いたします。


私からですと微々たる範囲でしか影響力がないので、もし坂本先生のところにもし美容に関する質問などがございましたら、

ぜひお力になれればと思っております。
長くなりましたが、宜しくお願い致します。


   ☆            ☆

Y.K.さん、本当にありがとうございます。

こういう事って、男性ではなかなか気づきませんよね。

私なんか、特に気がつかない分野。
でも、実際にはすごく大事なこと。

教えていただいて、本当に感謝です。

みなさんも、美容に関連して疑問や困っている事があれば、ぜひご質問お寄せ下さい‼

|

« 津波の対処法 | トップページ | 【避難所でのエコノミー症候群を回避】④ »

株式会社PIJ さかもとはるゆきの社長ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506808/51125736

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地での髪のおていれ:

« 津波の対処法 | トップページ | 【避難所でのエコノミー症候群を回避】④ »