« 【お知らせ】4月の講演・講座・イベント情報 | トップページ | 【スタッフ報告】体観力UP夕食会@御茶ノ水「テーマ:睡眠でパフォーマンスUP」 »

2012年3月20日 (火)

お彼岸の過ご​し方

3/20は春分の日=お彼岸。

春分(&秋分)の日は、昼と夜の長さが同じになります。
つまり此岸(現世)と彼岸(あの世)がバランスがとれ、つながる日。

この世にいるままで、普段は行けない世界へコンタクトがとれる貴重な機会です。

3.11から、あっという間に一年が過ぎました。
いまだ被災に苦しむ方がいる一方、直接関係のない方々からはあの時の感情は日々薄れてきています。

さかもとも計画停電で不安に過ごした夜のことなど、
記憶はともかく、体感としては全く忘れていることに驚いてしまいます。

せっかくのお彼岸。

この日、それぞれのご先祖さまに、
そして過ぎ去った過去に
思いを馳せてみてはいかがでしょう。

過去の源から、今日これからを元気に生きるパワーをいただき、さ
らに幸せな未来を創造しちゃいましょう。

【お彼岸の7日間の過ごし方】

・一日目 施しの日(人のためになにかをする)

・二日目 戒めの日(悪いことをしない)

・三日目 辛抱の日(目的をもってやり続ける)

☆(中日)先祖に感謝する日=今年は3/20(火)です

・五日目 精進の日(休まず努力する)

・六日目 落ち着く日

とこういう過ごし方をすると自然に

・七日目 叡智が湧きでる日

となります。

冬から春へ。
厳しい季節を乗り越え、身体が切り替わるタイミング。

この時期に先祖を含めた自分の人生を振り返りリセットする。
そして、そこから湧き上がる叡智に身を任せる。

古来から続く習慣には、深い意味があります。

宗教や迷信といった色眼鏡を捨てて、新鮮な気持ちでお彼岸をお過ごしくださいね。


★各種サポートに関するお知らせは、こちらから。

PIJオフィシャルページ
http://www.pijinc.jp/

|

« 【お知らせ】4月の講演・講座・イベント情報 | トップページ | 【スタッフ報告】体観力UP夕食会@御茶ノ水「テーマ:睡眠でパフォーマンスUP」 »

株式会社PIJ さかもとはるゆきの社長ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506808/54267179

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸の過ご​し方:

« 【お知らせ】4月の講演・講座・イベント情報 | トップページ | 【スタッフ報告】体観力UP夕食会@御茶ノ水「テーマ:睡眠でパフォーマンスUP」 »