« 【スタッフ報告】体観力UP夕食会@御茶ノ水「テーマ:8月は納涼会!!(でもゲストつき)」 | トップページ | 【お知らせ】9/26川崎で 究極のコミュニケーション 商談力セミナー »

2012年8月23日 (木)

成果を上げる人の3つの特徴

お盆も終わりましたね。
みなさん、夏を楽しんでらっしゃいますか。

今日、8/23(木)は、二十四節気でいう処暑(しょしょ)。
「暑さもようやく収まりはじめ、朝夕の涼風が快くなる時季」
とのことですが、まだまだ暑いですね。

坂本は、相変わらず色々な形で夏を満喫しております。

さてさて。
前回のクルージングに続く鵜飼。

なんだか、遊びについてばかり書いてますが。
もちろん遊んでばかりいるわけではありません。

お仕事も。
もちろんお勉強もしております。

そのお勉強の一つ。

先月より、遠藤晃さんと和仁達也さんのコラボセミナー

【No.1コンサルタントスター養成塾】
http://no1seminarstar.com/cs/

に参加しています。

久々のビジネスセミナー参加。
そしてコンサルタント、セミナー講師として大活躍のお二人の贅沢なコラボ。
ワクワクしながら、全6回3ヶ月に渡ってのお勉強を楽しんでいます。

ただし。
お勉強といっても、その目的は実践して成果を挙げること。

今、学んで実践をしている内容をシェアさせていただきます。

で、今回はこれ。

遠藤晃さんより、お教えいただいた
「成果を上げる人の3つの特徴」
をご紹介いたします。

◇           ◇

では、さっそく

「成果を上げる人の3つの特徴」

とは!!

1.愚直な実践

2.ホウレンソウ

3.智の系譜

この3つです。
より伝わりやすくするために、一つずつ、私なりに解説させていただきます。

◇           ◇

【1.愚直な実践】

まずは、学んだことを実践する。

太極拳で言えば、その日に習った型を練習する、ということです。

まっ、練習せずには上達しませんから、これは当たり前。

なのですが、
ここでのキモは“愚直に"というところ。

これ意外に難しいのです。
ついつい、頭を使っちゃうんですよね。

自己の経験に照らし合わせて、習ったことを
「多分、こういうこと」
と改変を加えてしまう。

解釈を加えずに、習ったままに、見たとおりにやるのが大切。

【2.ホウレンソウ】

もちろん、報告、連絡、相談、のことですね。

なんか新入社員のときを思い出しますが、これも重要。

“愚直に"やっているつもりでも、やはり記憶はいつの間にか書き換わってきます。
また、実践を積めば、新たな疑問点も湧き上がってきます。

最短で目的地に進むためには、

・報告
・連絡
・相談

が不可欠。

こまめに上記を行うことで、方向確認、進路修正が最適化されゴールへの進度も加速します。

たとえば、太極拳には
「用意不用力(力を使わず、意識を使う)」
という口訣(口頭で伝える秘訣)があります。

…あっ、書いちゃいました。 (^_^;)

つまり、

力を使ったり、筋肉を硬くしてはいけないということなのですが。

練習上で、それを実際にどう守っていくのか、なかなかわかりません。

わけもわからず、がんばって、やればやるほど力は入るし、筋肉も固くなります。
目指す目標から、どんどん離れていってしまいます。

それを防ぐのがホウレンソウ。
なにか、疑問を感じたり、??と思った時は迷わず質問。
あるいは、指導者に自分の状態を報告します。

そうすることによって、
「右肩に力が入っている」
とか
「左足の角度が違う」
など、具体的なアドバイスの下、間違いを正すことが出来ます。

回り道をしたり、自己流になることが防げるのです。

【3.智の系譜】

これは、用語的にも説明が必要ですね。

遠藤さんは、
「今学んでいる知識、スキルを人に伝えること」
をこう呼んでいます。

ただし、
その際に大事なのは、出展を明らかにすること。

今回の
「成果を上げる人の3つの特徴」
だったら、

内容と共に

・【No.1コンサルタントスター養成塾】において
・遠藤晃さんから

学んだ。

と伝えることが重要なのです。

思いつきや、出所不明の情報では、聞いた側にも感銘が生まれません。

情報の信頼性、重要性を伝えることで
「なるほど」
と相手の中には納得が生まれます。

それだけではありません。

誰かに伝えると同時に、伝えた側には、より以上の納得と理解が生まれます。
繰り返しと自分がやっていることへの振り返りが、さらなる進化を促します。

太極拳の教室でベテランの方に
「新しく入った人と、一緒に型をやってあげて」
とお願いすると。

はじめはすっごく戸惑われます。
いつもは出来るのに途中でわからなくなったりして。

それを続けていると、だんだんと自己の理解度がわかってきます。
きちんと入っている部分、おぼろげな部分、全く入ってない部分…。
どんどん、型が正確になってきます。

と、こんな風に人に教えることで、上達が早まります。

◇           ◇

いかがでしょう。
シンプルですが、思わず「なるほど!!」となる内容でしょ。

お聞きしてからすぐに、まずは太極拳の生徒さんにお伝えしています。

ビジネスのみならず、勉強、お稽古事、趣味…。

何かを学び、身につけ、上達するには、必須の条件。
ここに意識をおいて行動するだけで、結果は全く違ってきます。

みなさんも、ぜひ、お試しになってくださいね。

----------------------
その遠藤晃さんのご著書
「たった5人集めれば契約が取れる!顧客獲得セミナー成功法」
アマゾン→ http://goo.gl/FoVPe

ぜひ、お読みになってください。
----------------------

★講演・セミナーに関するお知らせは、こちら から。


PIJオフィシャルページ
http://www.pijinc.jp/

|

« 【スタッフ報告】体観力UP夕食会@御茶ノ水「テーマ:8月は納涼会!!(でもゲストつき)」 | トップページ | 【お知らせ】9/26川崎で 究極のコミュニケーション 商談力セミナー »

株式会社PIJ さかもとはるゆきの社長ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506808/55504801

この記事へのトラックバック一覧です: 成果を上げる人の3つの特徴:

« 【スタッフ報告】体観力UP夕食会@御茶ノ水「テーマ:8月は納涼会!!(でもゲストつき)」 | トップページ | 【お知らせ】9/26川崎で 究極のコミュニケーション 商談力セミナー »